SNSでいいね100をもらう方法 〜あなたの投稿を多くの人に届けるためのテクニック〜

SNSで多くのいいねをもらうことは、誰もが憧れることのひとつです。

しかしSNSにはたくさんの投稿があり、その中から自分の投稿を目立たせることは簡単ではありません。

そこで、今回はSNSで100いいねをもらうためのテクニックを紹介します。

実はいいねを貰う方法と一口に言ってもその手段はいくつもあります。

自分の投稿内容だけで勝負する方法は極めて難しく、それ以外の努力で補うという方法がおすすめです。

著者の【ぱと】と申します!
この記事を書いた人

【実績】28日間で260万インプレッション!
▼何度もバズって企業から案件を獲得!
★著名インフルエンサーともコラボも。

目次

投稿を工夫する

これから紹介するのは、SNSでの工夫の中では基本中の基本といえる考え方です。

また、実力者はこの要素だけで活躍できる方法となっています。

魅力的なコンテンツを作る

SNSでいいねをもらうためには、まずは魅力的なコンテンツを作ることが重要です。

何を投稿するかは自由ですが、以下のような価値を提供するといいねは増えます。

  • 多くの人が興味を持つこと
  • 共感できること
  • 驚かせること
  • 何らかの価値

写真や動画などの視覚的なコンテンツは、人々の注意を引きやすいというメリットがあります。

その要因には文字と異なる色彩や形状の視覚情報で理解が易しくなるということがあります。

一般的には画像は表示面積が大きくなるといった副次的効果もあります。

見せ方を工夫する

SNSで魅力的なコンテンツを作ったら、次に大切なのが見せ方です。

同じコンテンツでも、見せ方によって反応が変わることがあります。

インスタグラムでは、投稿画像の縦横比が正方形や縦長になるように投稿すると、より目立ちやすくなります。

キャプションには見出しや短い説明文をつけることで、人々の興味を引きやすくなります。

また、どのSNSでも文章の内容がわかるように最初に目に入る見出しとなる文字列が重要です。

画像などを使う場合には文字を少なくして見てほしい画像に目を向けさせる方法もあります。

特に投稿全体のデザインが見やすいかどうかはいいねを貰うためのキーになるでしょう。

ハッシュタグを活用する

SNSでは、投稿に対してハッシュタグを付けることができます。

同じジャンルの投稿者と投稿を共有することができるのがハッシュタグです。

ハッシュタグを活用することで、自分の投稿を見てもらいたい人たちにアピールすることができます。

しかし、Twitterのトレンドを狙う場合はハッシュタグは露骨と思われいいねを控えられることもあります。

タイミングを考える

SNSでの投稿は、タイミングによって反応が変わることがあります。

例えば、朝や夕方の通勤時間帯に投稿すると、学生や社会人に注目されやすくなります。

具体的には朝7時~9時、16時~18時の時間です。

また、週末や祝日に投稿すると、多くの人がSNSをチェックする時間帯なので、反応が良くなることがあります。

ただし、人の多い時間帯は投稿数も多く埋もれやすいこともあるので要注意です。

自分のフォロワー層に合わせてタイミングを考えることも重要です。

それが主に学生であれば、平日の昼間に投稿すると反応が得られやすくなるでしょう。

投稿数を絞る

この手法は「目的の投稿が100いいねを達成するまで投稿しない」といったものになります。

しかし、自然に100いいねを達成するにはフォロワー数かリツイートが必要となります。

よっぽど投稿の質が認められ、インプレッションも稼げる条件下出ない限り難しい手段の1つになります。

この「投稿数を絞る」行為は以下の投稿以外での工夫とセットで行うことをおすすめします。

投稿以外で工夫する

投稿以外で工夫することは、フォロワーを迅速に増やす行為にもなります。

しかし、上記の投稿の工夫をしないと100いいねを簡単に貰えないことは忘れないようにしましょう。

人の投稿にいいねをする

いいねが欲しければ、いいねを自分からする。

これはSNSの常識です。

何事もただで手に入ると思ってはいけません。

ただし、Twitterなど一部のSNSではいいね制限などもあり過剰にやりすぎるのはNGです。

やり過ぎるとアカウントBANという凍結もしくはアカウント削除されてしまいます。

そのため、いいねは1日100程度など決める必要があるでしょう。

いいねを相手に先にする手法は、フォローする行為と同時に遂行すると効果が倍増します。

コメントを返し、与える

SNSでのコミュニケーションは、双方向のものが求められます。

自分の投稿にコメントが付いたら、返信することでコミュニケーションを深めましょう。

また、他の人の投稿にコメントを残すことでもいいねは増えていきます。

上級者向けですが、1つ1つのコメントに心を込めて継続できると雪だるま式にいいねも増えていきます。

SNSでは泥臭く、面倒くさいことをした人ほど伸びるのだ!

コラボレーションする

SNSでは、他のアカウントとのコラボレーションも効果的な方法のひとつです。

コラボレーション(コラボ)とは、一緒に何かをするといった行動になります。

自分と同じ分野や趣味を持つアカウントとコラボすることで、新しいフォロワーを獲得することができます。

フォローするときにはいいねが増えるのでそれを狙ってのコラボもあります。

コラボすることは勇気が要りますが、とても楽しいのでぜひ!

目立つ工夫をする

これは自分の存在感を出すということです。

悪目立ちはいけませんが、以下のような工夫で目立たせることができます。

  • 親しみやすい名前にする
  • 名前に自分の紹介を一部入れる
  • アイコンを人間にする
  • アイコンをかわいいものにする
  • アイコンに蛍光色を使う
  • プロフィールを魅力的にする
  • 代表投稿を存在感あるものにする

実はこうしたこともいいねの獲得に作用するからSNSは面白い!

広告を利用する

SNSでは、広告を利用することで、より多くの人に自分の投稿を見てもらうことができます。

ただし、費用がかかるので一般の方にはおすすめしません。

広告を利用することで、自分のターゲット層に届きやすくなり、その投稿はいいねを獲得することができます。

こちらは自分の目的に合わせて利用することを検討しましょう。

まとめ

SNSで多くのいいねをもらうためには、魅力的なコンテンツを作ることが基本です。

見せ方やタイミングなど、様々なテクニックを駆使して、自分の投稿を多くの人に届けるようにしましょう。

また、コミュニケーションを大切にすることで、より多くのフォロワーを獲得することができます。

自分だけいいねが欲しいと思ってもそうはならないのがSNSですよ!


ここまで、様々なSNSでのいいねをもらうためのテクニックを紹介しました。

大切なのは自分らしさを忘れず、自分の投稿に自信を持つことです。

人気アカウントの投稿を真似ることも良いアイデアですが、それ以上に自分らしい個性的な投稿をすることで、多くの人から支持されることもあります。

SNSは常に変化しており、新しいテクニックやトレンドが生まれています。

そのため、常に最新情報をキャッチアップし、アップデートすることも大切です。

最後に、いいねをもらうことだけにこだわらないでください。

SNSはいいねが全てではありません。

SNSを通じて新しい人との出会いや、新しい発見があるかもしれません。

SNSでのいいねをもらうことは、誰でもできることではありません。しかし、正しい方法と工夫をすることで、自分の投稿を多くの人に届けられます。

是非、この記事で紹介したテクニックを参考にして、SNSでの投稿を楽しんでください。

この記事を書いた人

【実績】28日間で630万インプレッション!
▼何度もバズって企業から案件を獲得しました。
→副業で月間数万稼ぐWebライターしています。
★著名インフルエンサーともコラボしたり…!
■★2010年からTwitter(X)を使うバズ研究者。

目次